英語が話せる看護師

子供にさせたい習い事として私が考えていたのは英会話とピアノです。ピアノに関しては男のでもやってほしいと考えていました。やっと、待望の赤ちゃんができ、無事に出産することができました。男の子でした。ピアノは何歳から習うことができるのだろうと調べたのですが、そこそこ年齢がいかないと鍵盤をたたけないということでした。そのため、今はリトミックに通っています。英会話も日本語が話せるようになってからでいいかと考えていたのですが、話すことができない赤ん坊のうちに英語を聞かせることが大事だということがわかりました。そのため、英会話教材を購入しました。毎日、聞いていなくてもCDやDVDを流しています。

息子も一歳半になりました。まだ日本語もはっきりとは話しませんし、英語も話しません。いつか、ふと英語を話してくれることを楽しみにしています。私も英語が話せるわけではありません。そのため、息子の英会話教材をかけているときはなるべく一緒に聞いたり見たりするようにしています。しかし、なかなか聞き取ることができません。息子が、何年か先に教材のおかげで英語が話すことができるようになったとしても、実際には日常会話程度だろうと想像しています。それを考えると海外で働いている日本人で専門的な用語を理解している人たちは素晴らしいと思います。

私は、出産間近まで看護師として働いていました。看護学校時代には海外で看護師として働きたいという大きな夢を持っている仲間がいました。英会話もできたようです。親しい中だったわけではないので、彼女が卒業後どんな道に進んだのかはわかりませんが、英語はこれからの将来必要不可欠なものとなっていくのだと感じています。