子育てとの両立

医療関係で働く女性は看護師のほか、医療事務や放射線技師などにも女性は多くいます。医療現場は体力的にも精神的にも大変な仕事であるので、離職率も高いところです。特に医師や看護師の不足は国家的な問題にもなっています。特に女性は結婚や出産などライフスタイルが変わることが多いので、それを機に退職する人もいます。もちろんこれは個人の選択の自由なので他人がとやかく言えることではないのですが、それが本人の望まない退職であるならば話は別です。本当は仕事を続けたいけど自分の体力的に不安だとか、周囲の理解、協力が得られないのではないか、子どもを預ける託児所が見つからないなどの理由であるとするならば、これは出来るだけ働くことの障害となるものを除いていかなければなりません。それでなくとも人手不足なのですから、仕事を続けることで本人にも職場にもメリットがあるのです。最近では大学病院や総合病院など大きい病院には託児所が併設されているところも増えてきました。特に首都圏では待機児童問題があるので、これは子持ちの医療従事者にはとても助かることだと言えます。医師や看護師の労働勤務に合わせて託児してくれるので、24時間保育のところもあります。また、託児所がないところでも託児所にかかる費用の補助が出るところもあるので、だいぶ子育てしながら働くことには理解と協力が得られてきていると思います。

家庭のある地域で子育てしたいママはたくさんいますが、経済状況や自身のライフスタイルを考えると職場の保育所に預けたいというママも多い。ママだけでなく父親の職場にある保育所に預けるという選択肢もありですね。育児に男もオンナもないと考えることはしばしばあります。男性参加の育児は頼もしさを感じます。看護師をしているのですが転職を考えたとき、よくわからないのに預けることは出来ないので安全で清潔な保育園なのか見学に行きました。